1. TOP
  2. 恋愛コラム
  3. お酒が強い女性がモテないのではなくそれがカッコイイと思っている女性がモテないのです

お酒が強い女性がモテないのではなくそれがカッコイイと思っている女性がモテないのです

「お酒が強いせいで相手が引いちゃうからモテないんです~」という女性がときどきいます。

しかし酒乱でもない限りはお酒が強くて嫌われるということはありませんから安心してください。

モテないとしたらどこか得意げになってしまっているところです。それが面倒くさそうな性格に見えるのです。

すぐに酔っ払う女性が可愛いわけではない

一緒にお酒を飲んでいる女性が「酔ったみたい」と言ったときに男性はどう思うでしょうか?

それは相手に対する気持ちによって変わります。

本命なら「もしかしてOKってことなのかな」と期待に胸を膨らませます。

本命ではないけどナシでもない相手には「ヤレるかも」と股間を膨らませます。

何とも思っていない相手には「介抱することになったら面倒くさいな」と思うか何とも思いません。

お酒が強いか弱いかは二人の関係を変化させるものではないのです。

もちろん普段は奥手な女性がお酒の力を借りてさり気なくアピールする姿や顔が赤くなっている姿を見て可愛いと思うことはあります。

しかしそれによって何かが変わることはないのです。そこから一気に関係が進むのは元からOKだったからなのです。

お酒が弱い女性がモテるなどと勘違いして「酔ったから帰れない~」などと言ってはいけません。

飲むと誰とでも寝る女と思われるだけです。セフレ街道まっしぐらです。

「女の子の酔っ払った姿がカワイイ」と言っているが想像しているのは元々カワイイ子なのです。

お酒が強いとアピールする女性がやらかしがちなこと

お酒が強いことにどこか誇らしさを感じている女性の言動にはいくつかの共通点があります。

本人は気づいていないかもしれませんが周りの人間は面倒くさいと思っています。

もし次のような行動を取ってしまっている人がいたらすぐにやめましょう。

カクテルを飲んでる女性にマウントをとる

カクテルを飲んでいる女性に「そういうカワイイお酒が飲めるって羨ましいな~私は強いお酒じゃないと飲んだ気しないんだよね~」などと言ってはいけません。

「強いお酒が飲めるって凄いですね」と返してほしいのかもしれませんが鬱陶しい人としか思われないのです。

本当に強いお酒がないとダメなのならモテないことよりアルコール依存症を心配したほうが良いです。

バーの常連アピール

女性が1人でバーに行くのは珍しいことではありません。出会いも増えるのでどんどん行ったほうが良いです。

しかし常連ぶるのはやめましょう。

私は大学時代にバイトしていたことがありますが自分では特別扱いの常連と思い込んでいるけれど店側からは何とも思われていないお客さんをたくさん見てきました。

自称サバサバ系の女性に多かった印象です。

このような行動は自意識過剰に見えてしまうのです。

酒の薀蓄

ワインや日本酒は種類が多いです。最近ではクラフトビールも人気です。

お気に入りの銘柄があるのは良いことです。しかしそれについて薀蓄を垂れたり「○○以外は日本酒とは呼べない!」などと言ってはいけません。

一流のソムリエでさえラベルを替えられたテストで間違うことがあるのです。

一般人が偉そうに語っても恥ずかしいだけです。

「お酒が強くてモテないんだよね」と言っている人は勘違いに気づきましょう。

問題はお酒の強さではなく面倒くさそうな性格と思われてしまうことなのです。