1. TOP
  2. 恋愛コラム
  3. 告白を保留されてから返事を催促するまでの期間

告白を保留されてから返事を催促するまでの期間

告白して保留にされたまま返事が来ないときは2週間から1ヶ月ほどの期間が経過したら自分から催促しても良いかもしれません。

早すぎるとまだ考えている最中かもしれませんし遅すぎるとチャンスを逸してしまう可能性もあるからです。

2ヶ月以上の期間を経てからOKの返事を貰えるということはほとんどありません。

告白の保留期間

保留にしたら1週間以内に返事をしようと思う人が多い

告白をして保留にされた場合は基本的には相手からの返事があるまでは待つべきです。

相手が返事をするまでの期間を明言している場合は必ずそれまで待たなければなりませんし、3日くらいしか経過していないのに返事がないからといって催促してはいけません。

無理に催促すると「今すぐ決めろというならお断わりです」ということになりかねません。

告白されて保留にした男性は3日から1週間以内に返事をしようと思う人が多いです。

稀に1ヶ月後にOKの返事をする人もいますがあまり期待しないほうが良いでしょう。

告白を保留にする理由の大半は「すぐに断わると悪いから」か「断わる言い訳を思いつかなかったから」です。

そのため最終的には振られてしまう確率のほうが高いと言えます。

しかし付き合うかどうかを本当に悩んでいるため保留とされることもあります。

その場合に1日で答えが出るということはありません。数日から数週間は必要です。

中には友達に相談しようと考える人もいますので返事を催促するにも週末を挟んだほうが良いです。

特に社会人の場合は週末に会ったタイミングで相談しようとすることがあるのでそれより前に催促すると相手も困ります。

数日待っただけで催促してしまうとちょうど相手が返事をしようと思っていたタイミングと被ってしまうこともあります。

OKの返事を貰える場合はそれでもかまいませんがNGだった場合に印象が悪くなるのでその後のリベンジが出来なくなります。

1,2週間の誤差が返事の内容に影響を与えることはい

告白をして保留にされてから返事のないまま2週間経過したけれどもう催促しても良いのだろうか?それとも1ヶ月は待ったほうが良いのだろうか?

保留にされると1日がとても長く感じほんの数日でもかなり待っているような気分になりますからこのような不安を持つのは仕方のないことです。

どれくらいの期間が経過したら返事を催促しても良いかということは相手によって異なります。

出会ったばかりでお互いのことをよく知らない状態であれば1ヶ月くらい待ったほうが良いこともあります。

しかしほとんどの場合において1,2週間の誤差が返事の内容に影響を与えることはありません。最適なタイミングはありますが最悪なタイミングはないということです。

翌日に聞いてしまうとか1年待つというような極端な場合を除いて催促するタイミングがOKかNGかの判断に影響を与えることは少ないのです。

告白の保留中は待つほうにとっては長いですが待たせているほうにとっては短いのです。

告白されたほうは「早く断わりの返事をしなければ……」と思っているのに待っているほうは「Okもらえるかな?」と毎日ドキドキしているというミスマッチはよく起こることです。

保留期間中に余計なことをしない

さきほども説明しましたが返事を保留にされると1日が長く感じますから何もせずに待っているというのは辛いものがあります。

そのためしなくても良い余計な行動を取ってしまうことがあります。告白した相手に無駄なアプローチをしたりプレッシャーを与えてしまうことがあるのです。

告白をして保留になったときにどのように対応をするべきかということですが特別なことをする必要はありません。今まで通りの接し方で良いのです。

例えばデートをするべきかどうかということについてですが保留中にもっと相手をことを知りたいと思う男性もいれば会うことによって判断し難くなるという人もいます。

相手の男性がどう考えているのかを外側から判断するのは困難ですから余計なことをして振られるよりは何もせず今まで通りでよいのです。

また保留中の辛さに耐えられずに「やっぱり告白はなかったことにして」などと言ってしまう人もいます。

本当に相手に対する気持ちがなくなったのであれば良いのですが待つのが辛いという理由ならこのような発言はすべきでありません。

「ダメならすぐに振って欲しい」という人もいますがそれもダメです。自分が楽になりたいという欲求を満たすために相手に負担を強いることになります。

告白されて振るのも罪悪感を覚えますし労力が要るのです。

告白して振られてしまってもその後の対応次第では数ヵ月後に付き合えるケースもありますが余計なことをして相手に負担を掛けるとその可能性すら潰すことになります。

保留期間中に出来ることがあるとしたら自分からは恋愛に関するネタを控えるようにするくらいではないでしょうか?

余計なアプローチをしてOKになる確率が高まるということはほとんどないと思って良いでしょう。

告白を保留にされるとその期間中に余計なことをやらかしてしまう女性が少なくありません。

あなたがしようとしていることは告白を上手くいかせるための行動なのか自分の不安を鎮めるためだけの行動なのかしっかりと判断しましょう。

保留からOKは盛り上がらないのか?

余談ですが告白が保留になってからOK返事を貰えても不安を覚える人がいます。

悩んだあげくのOKだから仕方なく付き合っているのではないかと考えてしまうのです。

相手が保留中に色々と比較検討したうえで「嫌いじゃないしな……」という感覚で付き合うことになったのであれば最初はあなたのことを大好きとは言えないでしょう。

恋人同士になった瞬間からパートナーのことを急激に好きになるということは有り得ないのですから仕方のないことです。

不安だからといって付き合ってすぐに「私のことどれくらい愛してる?」などと聞いてはいけません。

最初から重たい女と思われて早めの破局を迎えることになります。

恋愛は関係が進むにつれて優先すべきものが変わっていくのです。最初は恋愛による興奮を求めますがやがて価値観やお互いの相補性を求めるようになります。

それらが満たされることで安定した関係を築くことが可能になるのです。

最初はあなたが相手をドキドキさせることが出来ないかもしれません。

しかし付き合っていくうちに好きな気持ちのバランスが逆転するということはよくあるのです。

保留後のOKだからといって心配する必要はありません。