1. 恋愛相談所TOP
  2. 男性の恋愛心理
  3. 男性が告白してこないのは脈なしだから?

男性が告白してこないのは脈なしだから?

好きな人と何度もデートして頻繁に連絡も取り合っているのに告白してこないと脈なしなのかな?と不安になる人もいるかとと思います。

男性が告白してこない理由は人によって異なりますので一つに絞ることは出来ませんが可能性のあるものをいくつか紹介します。

必ずこのどれかというわけではありませんが参考にしてみてください。

振られるのが怖い

何度も会っているし良い雰囲気なのに中々告白してこない理由として最も多いのは「振られるのが怖い」というものです。

私のところに恋愛相談に来る男性でも告白したいけれど振られてしまうのが怖くて怖気づいてしまうという人はたくさんいます。

男性は女性が思っている以上に繊細な人が多いのです。

同じ職場や同じ学校の場合は余計に告白するハードルは上がります。振られてしまっても翌日からまた毎日顔を合わせなければならないのですから気まずさを考えるとなかなか気持ちを伝えるのは難しいでしょう。

あなたが相手に対して全く隙を見せていない可能性もあります。自分では意識していなくても相手に「告白しても振られる」と思わせてしまう言動をしているかもしれません。

やたらと高い理想を求めていたり、恋愛することが面倒に思っているような素振りを見せていないでしょうか?

告白して振られてしまったら今まで通りにデートすることすら出来なくなってしまうと思って気持ちを伝えられずに悩んでいる男性は少なくありません。

恋愛対象として見ていない

相手と良い感じだと思っているのはあなただけで男性は何とも思っていない場合は告白してきません。

ではなぜデートしてくれるのか?いくつか理由は考えられます。

例えば話や趣味がとても合うので男友達と会う感覚で会っているのかもしれません。

もしくはあなたからの誘いを断われない立場にいる可能性もあります。友達の紹介や仕事の取引上大切な相手からの誘いを断わると角が立つと思っているのかもしれません。

あなたのことを頼りになるお姉さんもしくは放っておけない妹のような目で見ている場合もあります。(この場合は恋愛に発展する可能性もゼロではありませんが…)

また男性の中には誘われたら予定が空いている限りは断わらないという人もいます。人と会うのが好きなタイプの人です。こういう人は異性と会うときも深く考えずに会っているでしょう。

いつも誘うのがあなたからということはないでしょうか?

恋愛中は自分の都合の良い情報ばかりに目が向いてしまうこともあります。それが恋愛の勘違いを生み出します。

客観的に二人の関係を見つめなおしてみてください。

男性側の問題

男性側に個人的な問題がありそれを解決するまでは告白しないと決めている場合もあります。

就職や転職をしたばかりで仕事に慣れるまでは恋人は作らないと思っているのかもしれません。

お金の問題を抱えている可能性もあります。借金などはなくとも女性と通常のお付き合いをするのに必要な収入に達していないため引け目を感じてしまう男性もいます。

過去の恋愛がトラウマになっておりあなたとだったら何とか上手くやっていけそうと思いつつも、踏み込むことが出来ないという人もいます。恋愛のトラウマは女性の専売特許ではないのです。

彼女がいるのかもしれません。とはいっても二股とかではなく自然消滅のような形ではっきりと別れたとは言い切れないような状態ということです。

そんな状態で他の女性に告白してしまうことに不誠実さを感じているのかもしれません。

ほかにも家族の介護だったり宗教上の問題を抱えている可能性もあります。

既に付き合っていると思っている

ある程度の年齢になると学生時代のように「好きです付き合ってください」と告白して「はい」と返事をして交際がスタートするという方が珍しいかもしれません。

気がついたらいつも一緒にいて自然に付き合うようになっていたというパターンが多いのではないでしょうか?

もしかしたら相手は「いつもデートしているし頻繁に連絡もしているのだから付き合っているんじゃないの?」と思っているとは考えられないでしょうか?

「でも全く手を出して来ないけど?」という疑問を持つ人もいるでしょう。しかし男性がみんな付き合ったらすぐに手を出すわけではありません。

精神的なつながりを大切にしてゆっくりと距離を近づけていく男性だっているのです。あなたのパートナーがそのタイプかもしれません。

この場合の告白は「申込」ではなく「確認」にしかなりませんからわざわざ告白してこないでしょう。

今の状態が心地良い

今までの恋愛を思い出してみて付き合う寸前が一番盛り上がったし楽しかったという経験はないでしょうか?

どちらかが気持ちを伝えれば付き合えることがほぼ確実という状態は気分が高揚して楽しいものです。

相手の男性はこの状態が最も心地良いと感じていて関係をハッキリさせないでいるのかもしれません。

または「いつも男同士で遊んでいるのも飽きるしたまには女の子と気軽にデートを楽しみたい。どうせならそれなりにタイプの子が良い。だけど彼氏としての責任は負いたくない…」と思っている可能性もあります。

言い方は悪いですがいつでも気軽にデートできる女性がいるというのは便利なのです。映画を見に行きたいときなどは女性と二人の方が良いですからね。

もし相手がこのタイプだった場合はほかにも同じように会っている女性がいる可能性があります。今はいなくてもやがてそういう女性が現れる可能性が高いです。

するとあなたとのデートの回数は減っていくことになります。

セフレ化を狙っている

全員がそうではありませんが男性は常にセックスしたいと思っている生き物です。「男は5分に1回エロいことを考えている」という人もいます。

そして好きな相手ではなくても顔とスタイルがそれなりならヤレる!という男性は少なくありません。だから風俗店が成り立つのですけれどね。

もしかしたらあなたの好きな人は「付き合う気はないけれどせっかく知り合ったのだから手放すのは勿体無い。酔った勢いでホテルに連れ込めればそのままセフレ化できるかもしれないし」と思っているのかもしれません。

異性との関係を常に曖昧にしておこうとする男性はこのタイプが多いです。

やたらとボディタッチが多かったり冗談ぽく「ホテル言っちゃう?」などと言ってくるようであれば要注意です。

慎重に見極めている

彼はあなたとの関係をまだ見極めることが出来ていないのかもしれません。

それは彼自身の心の問題かもしれません。過去に恋愛で傷ついたり失敗してしまった男性は恋人選びに慎重になります。

あなたのことを好きだという気持ちは持っていますがそれが本当に恋愛感情なのかを冷静に判断しようとしているのです。

もしくはあなたが彼女として相応しいかを見ている可能性もあります。

ある程度の恋愛経験を積むと付き合う前に見せている姿が必ずしもずっと続くわけではないということを理解します。

付き合ってから「こんな女性じゃなかったのに…」となってしまわないようにじっくりとあなたを観察しているのかもしれません。

また彼が結婚を意識しているのなら結婚を前提に出来ない女性とは付き合えないと考えているかもしれません。

この場合は余計に慎重になるでしょう。

「恋愛対象に入っているよ」と教えてあげよう

ここで説明した以外にも男性が告白をしてこない理由はたくさんあると思います。

もしあなたが早く告白してきて欲しいと思っているのであれば自分からアクションを起こしてあげることも必要です。

彼氏が欲しいという雰囲気や告白しても大丈夫という雰囲気を作ってあげると良いでしょう。

相手との距離感によって対応は異なりますが「付き合ってるみたいだね?」と言ってみたり「私たちってどういう関係?」と聞いてしまうのもアリでしょう。

(※「合コンに誘われた」や「他の人に告白された」というセリフは諸刃の剣なので注意が必要ですが)

告白してこない男性には女性から「あなたは私の恋愛対象に入っていますよ」というメッセージを送ってあげると効果的です。

もっと言ってしまえばあなたが告白しても良いのです。

男性から告白したほうが上手くいくなどという根拠はないのですから。