1. TOP
  2. 男性の恋愛心理
  3. 香水をつけると男ウケが悪くなることのほうが多い

香水をつけると男ウケが悪くなることのほうが多い

香水をつければ好きな人から良い印象を持ってもらえると思っている人もいるかもしれません。

しかし逆効果になることが多いです。臭いのキツい女性は男ウケが悪いのです。

男性が「香水をつけている女性が好き」というのを真に受けてはいけません。

このように言っているときの男性は自分の好きな人や素敵だと思っている人のことを想像しているのです。

好みではない女性が香水をつけているイメージは含まれていません。

巷で売られているフェロモン香水などというものにも科学的根拠は一切ありませんから騙されないでください。

つけすぎると逆効果になる

魅力的な女性とすれ違ったときの男性が「いい香りがした」と言うことがあります。

それを聞くと香水にはモテる効果があるのではないかと思うかもしれません。

たしかに臭覚が恋愛感情と関係するケースは存在します。

マンネリしたカップルが香水をつけることで刺激として作用することもあります。

しかしそれらは既に相手が好意を持っていたり性的な魅力を感じている場合です。

そのような相手から良い香りがすることによってより評価が高くなるのです。

何とも思っていなければ香水をつけていたからといって好きになってもらえるということはありません。

それどころか男ウケが悪くなる危険があります。

ほんのり香るくらいであれば問題はありません。

しかし香水にモテ効果を期待している女性はたいていつけすぎなので男性が引いてしまいます。

異性として意識していない女性から強めの香水の臭いがしたら男性はどう感じるでしょうか?

「クサイ」「臭いがうつったら嫌だな」「他人に配慮できない子なのだろうか?」と思います。

「もしかして腋臭を誤魔化している?」と疑うことさえあります。

好きな人と同じ香水の臭いを嗅ぐとその人のことを思い出してドキっとしまうことがあります。

臭いと記憶は結びつきやすいのです。

これは大脳新皮質を経由する視覚や味覚と違って臭覚は直接に海馬に情報を送ることが出来るからと考えられています。

しかし記憶というのは良いものだけではありません。

あなたが香水臭ければ悪い印象と結び付けられて記憶されてしまうのです。

そもそも人によって好きな香りは異なります。メンズとレディースでも全く異なる臭いです。

相手の嫌いな香りをつけていたら印象が悪くなるだけです。

家に帰ったときに好きでもない人の香水の臭いが服についてしまっていたら不快な気分になります。

また香水はつけているうちに鼻が慣れてきます。

自分では臭いが弱くなってきたと思っても周囲からはキツく感じられている場合もあります。

そのためつけすぎには注意しなければなりません。

数時間おきにつけ直している人は不快に思っている人が周囲にいると思ったほうが良いです。

男ウケどころから同性からの評判も悪くなっています。

大人になったら誰も注意してくれません。

洗濯する前の自分の衣服の臭いに香りが残っていないか確認してみましょう。

異性を誘引するフェロモンは発見されていない

香水の中にはフェロモンを含ませることによって異性を惹きつける効果を謳っているものがあります。

しかし残念ながら人間において異性を引きつけるフェロモンというものは発見されていません。

フェロモンとは同じ種類の他の個体に特有な反応を引き起こす化学物質のことです。

エサのある場所を仲間に知らせたり、異性を引きつける効果があるとされています。

昆虫などの無脊椎動物においての研究が進んでいます。

しかし人間を含む脊椎動物のフェロモンについては分からないことのほうが多いです。

同じ寮に済んでいる女性の月経周期が同調する現象を「寄宿舎効果」と言います。

これはフェロモンの効果によるものではないかと考えられています。

脇の下にあるアポクリン腺から分泌される物質が影響している可能性が高いのです。

実際に他の女性のアポクリン腺から分泌物の臭いを嗅がせると月経の周期に変化が見られることが明らかになっています。

しかしどの物質が影響を与えているのかということは分かっていません。

膣や腋からの分泌物に異性を誘引するフェロモンが含まれているとしてそれを注入した香水が通販などで販売されています。

しかし科学的に認められた手法による証明は存在しません。エビデンス(科学的根拠)はないということです。

それが存在するとしても香水に含ませ時間が経過した後も効果が残るのかということも不明です。

これらの広告に「特許取得」などと書かれていると凄いもののように感じてしまうかもしれません。

しかし特許は他の人と被らなければ簡単に取れますから効果の証明にはなりません。

効果がなくても製造方法そのもので特許を取得することが可能なのです。

仮に異性を誘引するフェロモンが発見されたとしたら大ニュースになります。

それを発見した研究者は後世に名前が残るでしょう。

恋愛中は判断力を司る部位の能力が落ちますから詐欺商品に騙されないように気をつけましょう。

自分が楽しむために好きな香水を少しつけるというのは問題ありません。

しかしモテるために男ウケを狙うというのであれば何もつけずに消臭だけを意識したほうが良いと思います。