1. 恋愛相談所TOP
  2. セックスレス
  3. AVはセックスレスの原因になるか?心理学実験の論文の紹介

AVはセックスレスの原因になるか?心理学実験の論文の紹介

セックスレスの理由として夫が妻に魅力を感じなくなってしまったというものがあります。

そうなる原因の一つにはAV(アダルトビデオ)を含むポルノコンテンツがあるのではないかと個人的には思っています。

ネットを探せばあらゆるジャンルの動画が簡単に見つかります。

しかも競争の激化により年々と過激なものが増え、さらに出演している女優の外見的なレベルは高くなるばかりです。

そういったAVの刺激に慣れてしまうことで興奮の閾値が上がれば妻を見ても性的に興奮しにくくなってしまうのは自然です。

さらに一緒にいる時間が長くなれば興奮しにくくなるものです。

セックスに性的興奮のみを求めていればセックスレスになるのは自然な流れでしょう。

私がセックスレスの相談を受けている中でもそういったケースは多いように思えます。

では実際の心理学実験ではどのような結果が出ているのでしょうか?

ポルノ写真とパートナーへの魅力の低下

まずポルノ写真を見ることでパートナーに対する評価が下がるという論文です。

海外の実験で有名なのは1989年のアリゾナ州立大学のダグラス・ケンリック教授のものです。

セックスレスの研究論文では参考文献として引用されることが多いです。

実験ではポルノ写真がカップルの関係に悪影響を及ぼす可能性が示されています。

人気のヌードモデルの写真を見ることでパートナーに対する性的魅力の評価や愛情が下がるということが分かったのです。

ちなみに女性の場合はこの効果は起こりませんでした。

つまり魅力的な男性のヌードを見てもパートナーへの評価は下がらないということです。

パートナーへの評価は変化しないという実験

2017年に上記のケンリック教授の研究と同じ手順で実験を行ったのがウェスタンオンタリオ大学のロンダ・バルザリーニ博士らのチームです。

こちらの実験ではヌードの写真を見てもパートナーに対する評価は下がりませんでした。

なぜ2つの実験で結果が異なるのかというと先に行われた実験はサンプルサイズが小さいために個々の違いが全体の数字へ大きな影響を与えている可能性があります。

また1989年と2017年ではヌード写真やAVを取得するための手間が圧倒的に違います。

そのため簡単に女性の裸を見ることができる現在ではヌード自体が刺激としては弱すぎるという可能性も考えられます。

最近の研究では「関係ない」という結論が多い

それほど数は多くないのですがポルノコンテンツとセックスレスの関係を調べる研究はここ最近も行われています。

それらを見ると「ポルノを見たからといってセックスレスになったり、カップルの関係を悪くするとはいえない」という結論になっているものが多いように見えます。

中毒といえるほどにAVを見ている人の場合は生身の人間と関係を持つことに意味を見出せなくなったり、異性とのコミュニケーションを恐れるようになる人もいます。

しかし適度な視聴であれば影響を受けないどころかむしろ関係を良くするという研究さえあります。

夫がAVを見ることと妻の魅力は関係ない

「セックスレスなのにAVを見て一人でしてるみたいです」と相談に来る妻は多いです。

そして「私が魅力的じゃないからでしょうか?」と不安になりがちです。

しかし夫がAVを見ることと妻の魅力は関係ありません。

妻の魅力ではなく夫の認知の問題なのです。

すでに自分のものとなったメスと手に入っていないメスでは後者のほうに新鮮さを感じるのは当然です。

たとえあなたが人気AV女優と全く同じ外見を持っていたとしてもセックスレスになったのです。

AVの視聴頻度を減らしてセックスの頻度が増えた夫婦もいる

最近の実験結果と反するようですが私は中毒とまで行かなくともAVの視聴頻度とセックスレスはそれなりの相関があるのではないかと思っています。

もちろんお互いにより良いセックスライフを求めてそういった刺激に接することが有益となることもあります。

お互いが淡白すぎる場合などは有効な対策となるでしょう。

反対に夫がAVを含めた性的に強い刺激を与える情報への接続をを減らすことがセックスレスの改善につながることもあると思っています。

実際にそれでセックスの頻度が増えた夫婦もいます。

興奮に必要な刺激の閾値は下げることができるのではないかと思っています。

ヌードばかり見ていた人がそれを見なくなれば、水着の写真でも興奮できるようになるということです。

参考文献: Douglas T Kenrick, et al. (1989). Influence of popular erotica on judgments of strangers and mates
Rhonda N. Balzarini, et al. (2017). Does exposure to erotica reduce attraction and love for romantic partners in men? Independent replications of Kenrick, Gutierres, and Goldberg (1989) study 2