言葉遣いが汚い女性はまともな男性と結婚できない

恋愛相談のご予約
復縁、片思いの悩み、恋人関係のトラブルなど様々な恋愛相談を承っております。心理学や脳科学、過去の相談者様の事例をもとに適切なアドバイスを行っております。

女性に限ったことではありませんが言葉遣いが汚いと顔も汚くなるので気をつけましょう。

口が悪いと頭と性格まで悪く見えてしまうこともあります。

特にまともな男性と結婚したいと思っている女性は要注意です。

言葉遣い

結婚を考えたときに相手のことを好きというのは当然ですがそれ以外の条件も考慮します。

特に女性の場合は男性の職業や学歴、家柄などを気にする人が多いです。

高学歴、高収入、名家出身とまでは求めないけれどそれなりのスペックを持った男性と結婚したいと考えます。

しかしなぜか毎回まともな男性とは結婚まで辿りつく前に別れてしまうという女性がいます。

原因は様々ですがもしかしたら言葉遣いに原因があるかもしれません。

女性が思っている以上に男性は女性の言葉遣いを気にしています。

それが将来の妻になるかもしれない女性であれば尚更です。

なぜ汚い言葉を遣うのか?

なぜ言葉遣いが汚くなってしまうのかということは心理学的な根拠など考えるまでもなく誰でも分かることです。

つまり育ちが悪いということです。両親をはじめとする周囲の大人が汚い言葉を遣っていたためそれをそのまま真似てしまったのです。

そしてそれを注意する人もいないためそのまま大人になってしまったということです。

女性の言葉遣いが汚いと無意識にその人の育った環境の悪さまで想像してしまうのです。

汚い言葉を遣うということは育ちの悪さを宣伝しているようなものです。

弱い自分を強く見せるために汚い言葉を遣うこともあります。特に思春期あたりにこの傾向が見られます。

男性っぽい言葉を遣うことで心の弱さを隠そうとする中学生や高校生はいます。

無駄に自意識が過剰になる時期でもありますから公共の場で大声で汚い言葉を遣いたくなるのです。

成人した後も汚い言葉遣いがカッコいいことや面白いことだと勘違いしたままだと治りません。

口が悪いと性格と頭も悪く見える

なぜ言葉遣いの汚い女性を敬遠するかというと性格と頭が悪く見えてしまうからです。(男性でもそうですが)

汚い言葉は攻撃的な印象を与えます。本人にその気がなくても受け取る側はそう感じてしまうのです。

また大切に育てられていなかったのではないかという印象も与えます。そして心に何らかの問題を抱えているのではないかという不安に繋がります。

臨床心理学の知識がなくても人間はそういった雰囲気を察知することが出来るのです。

話し方から「この人はすごいコンプレックスを抱えているんだろうな」とバレバレな人がいますがそれと同じです。

しかし多くの人は自分がそんな風に思われているとは考えもしません。あなたも気づいていないだけでコンプレックスを抱えているとすぐに分かる話し方をしているかもしれません。

それなりの教養を持った女性でも「ヤバい」とか「マジか」などの言葉を頻繁に使用する人がいます。

どんな感情もこのような言葉で表現するとボキャブラリーの少ない人だと判断され教養のない人という印象を与えてしまいます。

そのような女性に対してまともな男性は「友達に紹介して大丈夫だろうか?」「将来子供が出来たときに頭の悪い子に育つのではないだろうか?」と不安になってしまうのです。

汚い言葉を遣うと顔も汚くなる

言葉遣いは何歳からでも治すことが出来ます。難しいことではありません。

汚い言葉を遣わないことと興奮して話さないことだけ意識すれば良いのです。

敬語の種類を細かく考える必要はありません。アナウンサーですら間違うことがあるのですから完璧な言葉遣いを目指さなくて良いのです。

汚い言葉を遣っていると顔も汚くなります。

なぜなら汚い言葉を発するための表情筋が発達してその表情が癖になるからです。

思春期を過ぎたら自分の発する言葉に責任を持ちましょう。

美しい言葉遣いはお金のかからないお洒落なのです。

タイトルとURLをコピーしました